カロリーを気にしたら負け。カナダ発祥のファストフード:プーティン

プーティン(Poutine)とは?

いかにもジャンキーな見た目をしているカナダはケベック発祥のファストフード「プーティン」。

フライドポテトにグレイビーソースとチーズをかけただけの料理なので大味かと思いきや、グレイビーソースとチーズソースが美味しく馬鹿にはできません。

カナダではマクドナルドでも売っているみたいですが、日本でも売れば流行りそうな気もします。

ちなみに名前は似ていますがロシアの某大統領とは何の関係もありませんし、ロシア系の移民が考案したというわけでもありません。

ただ、ロシアによるウクライナ侵攻後はお店への誹謗中傷や不買運動も一部であったそうな…

(なお、語源は英語の”pudding”とする説や、ケベックのスラングとする説など諸説あります。)

材料

<分量:2~3人分くらい>
あまり厳密に作る料理でもないので、ソースの量はお好みで加減してください。

フライドポテト:300g
<グレイビーソース>
‐ウスターソース:大さじ2
‐バター:10g
‐コンソメ:小さじ1/2
‐水:50ml
‐小麦粉:小さじ1/2
<チーズソース>
‐スライスチェダーチーズ:30~40g
‐牛乳:20ml
  • グレイビーソースは既製品で問題ありません。意外に既製品が売っていなかったので、しかたなくウスターソースでなんちゃってグレイビーソースを作ってます。
  • プーティンのチーズには本来、チーズカードというブロック状のチーズが使われますが、日本で見当たらないのでチェダーチーズで代用しています。
    このレシピではスライスチェダーチーズを牛乳で溶かしていますが、既製品のチェダーチーズソースがあればそちらで全く問題ありません。

作り方

  1. <グレイビーソースを作る>
    鍋にウスターソース、バター、水、コンソメを入れて火にかける。バターとコンソメが溶けたら、小麦粉を少量ずつ加えてとろみをつける。
  2. <チーズソースを作る>
    鍋にチェダーチーズと牛乳を入れて火にかけチーズを溶かす。
  3. フライドポテトを揚げる。揚げ時間や温度は商品の表示通り、もしくはお好みで。
  4. フライドポテトにグレイビーソースとチーズソースをかけて完成。
タイトルとURLをコピーしました