ヨーロッパの料理

イタリア

本場のジェノベーゼは緑じゃないんです:スーゴ・アッラ・ジェノベーゼ

ジェノベーゼパスタと聞いて、皆さんはどんなパスタを思い浮かべますか?実は単に「ジェノベーゼパスタ」と言う場合、本当は肉とタマネギで作る茶色のパスタを指すんです。日本で一般的な緑色のバジルソースパスタは、正式には「ペスト・ジェノベーゼのパスタ」と言うのが正しく、料理としては全くの別物なんです!
フィンランド

寒い季節にぴったり!フィンランドのサーモンスープ:ロヒケイット

寒い季節のメニューと言えばシチューを思い浮かべることも多いと思いますが、「ロヒケイット」はご存知でしょうか?サーモンと牛乳で作るフィンランドの定番スープですが、魚の旨味と牛乳の優しい甘味でホッとする味わいの料理です。シチューの代わりにいかがでしょうか。
イタリア

シナモン香るもちもちパスタ:カボチャのクリームニョッキ

言わずと知れたイタリア料理『ニョッキ』。一般的にはジャガイモと小麦粉で作ることが多いパスタの一種ですが、今回は秋らしくカボチャで作ってみました。カボチャ×小麦粉×生クリームなので結構お腹にたまります。くるみを入れて食感にアクセントをつけているのがポイントです!
オーストリア

名前、長くないですか…?:ツヴィーヴェルローストブラーテン

タマネギをふんだんに使ったオーストリアの牛ステーキ『ツヴィーヴェルローストブラーテン』。じっくりと揚げたフライドオニオンの甘みが牛肉と相性抜群です!名前が長くなかなか覚えられないのですが、訳してみると「タマネギローストビーフ」という非常にシンプルな意味でした。
ポルトガル

ケールの大量消費にオススメ!ポルトガルの家庭料理:カルド・ヴェルデ

ケールは「栄養素が高い野菜」とよく言われますが、葉の固さや苦みもあって生でバクバクと食べるのは敬遠しがちですよね。そんなケールですが、千切りにして少し熱を加えるだけで美味しく食べれるようになります。そこでオススメなのがこの『カルド・ヴェルデ』です!
アイルランド

アイルランド式ケール入りのマッシュポテト:コルカノン

『コルカノン』はケールやキャベツなどの葉物野菜を混ぜ込んだアイルランドのマッシュポテトです。カトリックの祭日である「セイントパトリックス・デー」や「ハロウィン」でよく食べられる料理だそうです。たまにはハロウィンにカボチャ料理ではなく、コルカノンを作ってみるのはいかがでしょうか!
ドイツ

簡単に言えばジャーマンポテトのオムレツです:バウエルンフリューシュトゥック

『バウエルンフリューシュトゥック』は、ジャーマンポテトのオムレツとも呼べるようなドイツ料理です。日本語に直訳すると『農家の朝食』という意味になりますが、昼食、夕食に食べても美味しいですよ!
ポルトガル

タラ料理と言えばポルトガル!タラの旨味を卵とじ:バカリャウ・ア・ブラス

『バカリャウ・ア・ブラス』は多種多様なタラ料理を擁するポルトガル料理の中でも代表的なタラ料理の一つです。タラとフライドポテト、タマネギを炒め、卵とじしたような料理です。フライドポテトを作るのが少し手間ですが、市販のものを使ってしまえば簡単に作れます。
モナコ

【地中海リゾートの魚料理:タラのトマトソース煮込み】ストカフィ

ストカフィはタラをトマトソースで煮込んだモナコ料理です。本来は干しタラを使いますが、今回は手に入りやすい生タラを使います。トマトソースで煮込むだけの料理なので簡単にできます!
スウェーデン

【残り物でささっと作れるスウェーデンの家庭料理】 ピッティパンナ

ジャガイモが使い切れずに残っている...玉ねぎが半分だけ冷蔵庫に残っている...そんな時にオススメなのが残り物の食材で作るスウェーデンの家庭料理『ピッティパンナ』。食材もさることながら、作り方も非常にシンプル。忙しい時、手抜きしたい時に作りたい一品です!